ハッサンの水色号偏愛日記 その5(所員:高桑秀典)

2020.04.22

この春は残念ながら新型コロナウイルスが全国各地に蔓延してしまったこともあり、クルマ関連のイベントも全滅状態になってしまいました。

そのため、イベント取材および参戦時の足(相棒)として使っている水色号こと1974年式アルファロメオGT1600ジュニア(我が愛機)をビジネスシーンにおいて動かす機会がゼロになってしまったわけです。

外出自粛要請が出ているのは重々承知しておりますが、先日プライベートで水色号を走らせ、横浜まで行ってきました。旧車は頻繁に動かしたほうが調子がいいので、これからも走らせたいと思っていますが、多摩ナンバーで横浜に行くのもシンドイ状況になってきたので、これからは自宅の近所をウロウロすることにしますかね。